シェアする

県内出身者が語る”富山ブラックラーメン”の歴史とおススメ店舗

img_20161111_135405

塩辛いものはお好きですか?

こんにちは、さかなEXです。
皆さん、”ブラックラーメン”という言葉はご存知ですか?

諸々のPR活動が功をそうして、全国的にも認知度が高まりましたが、ブラックラーメンはここ数年で作られたものではなく、戦後の時代から時期から存在していたものです。

最近は提供するお店も増えてきたので、県外の方向けにブラックラーメンの全てをまとめてみます。

ブラックラーメンの歴史と特徴

ブラックラーメンの歴史は非常に古いです。
戦後に汗をかく肉体労働者向けが塩分を効率よくとれるようにと、通常の醤油ラーメンの塩分を濃くしたものが生み出されたのが起源となっています。

そのお店が「大喜」で、当店のラーメンが元祖ブラックラーメンという位置づけになっています。

「大喜」が提供する元祖ブラックラーメンの特徴は以下の通りです。

真っ黒で超絶しょっぱいスープ
見た目は普通だが、超絶しょっぱいメンマ
塩分を良い感じに中和してくれる幅太ネギ
油分少な目のチャーシュー

上記の塩分高めのラーメンを白飯と頂くのが、通常です。
八ッ橋などは、元祖を名乗るお店が乱立していて訳が分からなくなっていますが、こちらは正真正銘の元祖になります。
IMG_20161111_135401.jpg

県外で食べられるブラックラーメンは”麺屋いろは”のオリジナル

以上が、ブラックラーメンの概要なのですが2000年代前半までは地元の人が食べるようなもので、全国的には知れ渡っていなかったように思います。

広く知られるようになったのは、”麺屋いろは”が”富山ブラックラーメン”をブランド化して、県外のイベントに参加するようになったからだと記憶しています。

名前こそ同じですが、”麺屋いろは”の提供するブラックラーメンは、”大喜”の提供する元祖ブラックラーメンとは、見た目も味もほとんど別物です。”麺屋いろは”は、東京都内や京都駅構内にも屋号を構えているのでブラックラーメン=麺屋いろはのラーメンと認識している人もいるかもしれません。

“大喜”の提供するブラックラーメンと比較すると、とてもマイルドな味つけなので県外の方でも食べやすいと思います。しかし、マイルド過ぎていまいちしっくりこないのもまた事実。(どちらかというとビジネス巧者な印象があり笑)
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
富山県が観光PRなどで使用するブラックラーメンの写真に使われているのは、”大喜”のブラックラーメンですので、もし富山に来ることがあれば、是非”大喜”のブラックラーメンをしょっぱい!と言いながら食べて欲しいですね笑

トクチエ的にオススメのお店

富山県内でブラックラーメンを食べられる店舗は増えてきているのですが、オススメのお店を紹介します。
“大喜”とそれ以外の店舗で分けて記載してあります。

大喜

どこで食べてもメニュー構成は変わらないのですが、店舗によって微妙に味が変わったりします。

大喜 とやマルシェ店

富山駅構内にある店舗になるので、新幹線に乗る方はこちらに行っておけば問題ないかと。
こちらの店舗だと初めて食べる人にも食べ方を教えてくれたりするなど接客も比較的丁寧です。

関連ランキング:ラーメン | 富山駅富山駅電鉄富山駅・エスタ前駅

IMG_20161111_135401.jpg


大喜 根塚店

実は、2000年代前半に”大喜”は別会社に買収されておりその課程で、味が変化しています。
買収前の元祖の味を守り続けているのが根塚店の”大喜”と言われており、実際全く別物のブラックラーメンとなっています。(元々の創業店舗で働いていた人が調理場に立っている唯一のお店だとか)
チャーシューとねぎがたっぷり入っていて、ややあっさりした味付けになっています。

関連ランキング:ラーメン | 小泉町駅堀川小泉駅西中野駅

大喜根塚店_X-TRAIL1969さん.jpg


大喜以外

めんぱち

富山駅からは、少し離れてしまうのですが小杉町にある居酒屋の提供するブラックラーメンです。見た目は、”大喜”の提供するラーメンと近しい物があり、塩分を抑えて食べやすい味になっています。
“めんぱちのブラックが一番!”と言う人も、結構いるので機会があれば是非!

関連ランキング:ラーメン | 小杉駅(あいの風)

めんぱち_by 光速うばぐるまさん撮影).jpg


喜八

昔、何かのテレビで紹介されてその時は物凄い行列ができていました。塩分濃度高めで個人的にはイチオシ。

関連ランキング:ラーメン | 奥田中学校前駅インテック本社前駅下奥井駅

喜八_I-sayさん撮影.jpg


まとめ

トクチエでは、”大喜”のブラックラーメンを推しますが、万人に勧められるかと言ったら、そういうわけではありません。
同年代でブラックラーメンが好きという人にはあまり会ったことないですし笑

初めて食べる人は”味付けミスってる?”って思うくらい塩辛いので、
現地で食べることがあれば忘れずに白飯は注文してくださいね!

今回の記事はこれで終わりです。

県内出身者が語る”富山ブラックラーメン”の歴史とおススメ店舗
今回の記事は役に立ちましたか?
気に入ってくれた人は、トクチエのFacebookページをいいねして最新記事を今後もチェック!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク