シェアする

2,000円以下のゴーグルでOK! スマホVRを楽しむための3つの神器を紹介します

VRってご存知ですか?

こんにちは、新しいもの好きのさかなEXです。

今回は2016年話題になっているVRについて、ご紹介したいと思います。

VRって何の略?いつからあるの?など月並みな話は省略して、僕なりの解釈でザックリと言うとVRとはずばり!
”ここではないどこか別の場所へ本当に行った気にさせてくれる映像コンテンツ”になります

上のような感覚を”没入感”と呼んだりするのですが、高い没入感を得るためには、専用のアトラクション施設で楽しむだとか、高価なハードウェアを購入するなどの必要が出てきます。

しかししかし、なんとスマホでもVR体験を楽しむことができることをご存知でしょうか?

コンテンツ紹介 : StarWars

例えば、以下のコンテンツは自分がR2-D2になってダースベイダーの前を通り抜ける事ができる”StarWars360″というコンテンツです。(2つの画面が表示されていますがゴーグルをつけると、その場にいるかのような感覚が得られます)

周りを見渡せばドロイドの大群が整列していますし、ダースベイダーのご尊顔を望むこともできます。

最後に上を見上げてみると、兵隊ドロイドに蹴り飛ばされて穴に落ちてしまうレアな(?)体験までできてしまいます。

動画1 : StarWars360スクリーンキャプチャ

こういったコンテンツは現在かなり多く出回っているのですが、楽しむために必要なものはスマホとVRゴーグルだけです。

環境構築に必要な費用としては2,000円程度で済んでしまいます。

スマホでVRを楽しむための色々な環境はあると思うのですが、現状自分の持っている環境で十二分に楽しめているので、参考までに紹介したいと思います!

気になったら是非ご自身で体験してみてください。ハマるかもよ。

スマホVRを楽しむための3つの神器を紹介します

現状ガッツリとスマホVRを楽しむために必要なものは以下の3つです。

1. 3Dメガネ
2. VRコンテンツそのもの
3. 高解像度&大画面のスマホ

色々と選択肢もあって、迷うところだと思うのでVR歴数年の僕が、それぞれおススメの組み合わせを紹介したいと思います!

1. 3Dメガネ : VOX 3DVR

VRコンテンツを楽しむためには専用のゴーグルが必要になります。

VRコンテンツは両目の視差の違いを利用して、没入感を生み出すものなのでゴーグル無しで見ようとしても、上記のような2つの画面が表示された動画が表示されるだけです。

左右のレンズを通して映像を見ることで、没入感が得られる仕組みになっているので、構造自体はとてもシンプルでスマホをゴーグルに”かちゃっ”とはめ込むだけです。

図1 スマホをはめ込んで使う
image-3

本科的なVRハードウェアになると、ゴーグル自体にディスプレイが内蔵されているのですが、スマホVRの場合はこのようにして、ゴーグルにスマホ本体をはめ込むことでコンテンツを楽しむことができます。

僕は、以下のVOX 3DVRしか所持していないので正直ほかの製品との比較はできないのですが、上記のように完全にアナログな仕様なので、「このゴーグルの方がきれいな映像が見れる!」などといったことは一切無いと思ってもらっても大丈夫です。

唯一気を付ける点としては、自分のスマホの本体サイズがゴーグルとマッチしているかという点でしょうか?

VOX 3DVRの場合は専用設計じゃないのか?と思えるほどに、個人所有のスマホとピッタリとサイズがあったので本体のずれなどもなくコンテンツを楽しむことができています!

図2 VOX 3DVRのレンズ面の様子
image-4

2. VRコンテンツそのもの : iOS / Androidアプリ Fulldive

折角ゴーグルがあっても肝心の楽しむためのコンテンツが無いと意味がありませんね。

ネット上にはあちこちにVRコンテンツがアップロードされているので、それらをいちいち探しているとキリがありません。FuldiveはそれらのVRコンテンツを一か所で楽しむことができるアプリになります。

Fulldive VR - Virtual Reality

Fulldive VR – Virtual Reality
開発元:Fulldive Corp.
無料
posted with アプリーチ

動画2 Fuldiveを使い視点で画面操作

Fulldiveでは、ゴーグルをつけたまま視点を変えることによって操作する事ができます。

①スマホでコンテンツを探す → ②ガチャッとはめる → ③取り出して次のコンテンツを探す
という非常に面倒なプロセスを踏むことなく、ゴーグルをつけたままの状態で全ての動作を完結させる事ができます。

他にも、WEBブラウジングができたり、Youtubeの再生が出来たりと個人的には胸がときめく機能が数多く盛り込まれているのですが、VRコンテンツを楽しむという点で言うと、アプリ内にライブラリーが用意されているので、そこから自由に色々な体験をすることができます。文字で書くと伝えづらいのですが、体験してもらうのが1番かと!

先ほど紹介したStarWarsもFulldive内から楽しめますし、他にはスカイダイビング / RPG / 怪獣とのバトル / お化け屋敷 / 宇宙空間 / ヨガレッスン など種類は様々です。 VRゴーグルを購入された方にはまず1番にインストールして、使ってみて頂きたいアプリです。

3. 高解像度&大画面のスマホ : Nexus5X (僕の場合)

ゴーグルとコンテンツが揃ったところですが、実はスマホ本体の画面サイズや解像度によっても、没入感は大きく影響を受けます。

僕は、元々タブレットのみを使う謎なモバイル生活を送っていたので、過去の遺産であるIphone4Sを使用して楽しんでいたのですが正直その時は”スマホVRって大したことないなあ”と思っていました。

見ての通り、ゴーグルに対してかなり隙間ができてしまっているために、視野いっぱいに画面が広がらないんですよね。こうなると光も差し込んできますし、中々高い没入感を得ることはできません。

図2 Iphone4SでVRを楽しもうと試みた黒歴史
img_20161012_222418

以前の記事でも書いた通り、Nexus5Xを購入してからは隙間から光が入ることも無くなり、視野いっぱいに映像が広がるようになったので一気に”スマホVR楽しい!”となってしまいました。

【激安セール中】zenfone3の発売が待ちきれず、Nexus5XをEtorenで購入してしまった話
// この記事の対象読者はzenfone3の発売を今か今かと待ち侘びているスマホ愛好家の皆様です。 追記:海外スマホのセール情報を毎週取...

また、Nexus5xの場合は有機ELディスプレイで画面が非常に奇麗なので、Fuldiveで4Kコンテンツを再生すると、思わず体が反応してしまうほどの質の高いVR体験を楽しむことができます。

最近発売されたZenfone3も5インチ以上ですし、最近のスマホは大型化が進んでいますが、画面はでかければでかいほど、美しければ美しいほどVRを楽しむには最適だということになります。Iphone6s plusなんかも素敵ですよね。

小さなスマホしかお手元にないよという人でも、Iphone4S程小さいスマホも最近は無いと思うので是非VRコンテンツを楽しんでみて下さいね。

お手持ちのスマホを別世界に飛び込むパスポートにしてみてはいかが?

PSVRなど本格的な環境を整えようと思うと、場合によっては10万近くしてしまったりするのですが、取り敢えず体験してみたいという場合には、安価なVRゴーグル+スマホの組み合わせはバッチリだと思います。

現状のVRはエンタメ系のコンテンツが多いですが、今後も様々な分野で応用されていって僕たちの生活をより豊かにしてくれるんじゃないかと思っています。

僕も、見ているだけじゃ収まらず、動画制作の延長線上でVRコンテンツを作っていたりするので、何か形になったらブログでも紹介させて頂こうと思っています。その時は、ぜひスマホで楽しんでみて下さいね!

↓こちらの書籍でVRコンテンツ制作についてお勉強中…

UnityによるVRアプリケーション開発 ―作りながら学ぶバーチャルリアリティ入門
Jonathan Linowes
オライリージャパン
売り上げランキング: 3,061

今回の記事はこれで終わりです。

2,000円以下のゴーグルでOK! スマホVRを楽しむための3つの神器を紹介します
今回の記事は役に立ちましたか?
気に入ってくれた人は、トクチエのFacebookページをいいねして最新記事を今後もチェック!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. さかなFX より:

    これは、ほしくなりますね!でも、三半規管が弱いわたくしは、眩暈しそうで心配です。3D映画を観るとたいてい吐き気をもよおします。「クローバーフィールド」や「ブレアウィッチプロジェクト」などのPOV映画は、最後まで観られませんでした。VRの普及には、貢献できそうにありません。

    • sakanakun より:

      さかなFXさん

      コメント頂きありがとうございます!
      VR酔いを予防する技術も徐々に進歩してきているそうなので、さかなFXさんでも楽しめるようになると良いですね!