シェアする

Vプレミアリーグ男子バレーの試合が日本代表祭りで凄かった@島津アリーナ

1481414838317

島津アリーナで男子バレーの試合を観戦してきた

こんにちは、さかなEXです。

先週末友人に誘われ、京都まで出向いて男子バレーの試合観戦をしてきました。
入場口
IMG_20161203_111807.jpg

会場の様子
IMG_20161203_113050.jpg

ワールドカップなどは、ちょいちょい見るので楽しめるかなと思っていたのですが、熱い試合展開と、バレー観戦ならではの楽しみで想像の上を行く楽しさだったので、興奮ポイントを紹介したいと思います!近くで開催されている試合があれば、是非足を運んで見てください~!

特に、高身長男子が好きな女性は絶対行くべき!!

興奮ポイント① 2試合制で多くの日本代表選手のプレーを一度に見られる

今回は、男子のトップリーグであるVプレミアリーグの試合を観戦しました。
対戦カードは、以下の通りです。

第1試合 パナソニック VS 堺
第2試合 サントリー VS FC東京

Vプレミアリーグは全部で、8チームなので1日で約半分のチームを一度に観戦できます。男子バレーはたまに見るので、清水選手や柳田選手は知っていましたが他にも”この人も!この人も!”っといった感じでまさに日本代表祭りでした。チーム毎にまとめると以下の通り。
選手一覧.PNG

興奮ポイント② 選手との距離が異常なまでに近い

今回の試合会場である島津アリーナのチケットは、席によって5,500円 -8,000円のラインアップ。
初めてということで、5,500円のチケットを購入しました。

会場に着くまでは、どれくらいの距離から選手が見られるのか不安でしたが、席に着くと驚きの近さでした!野球でいうとベンチ真上の席に座っているくらい。TVでよく見る日本代表を間近で見られた時点で、試合開始前から興奮せざるを得ませんでした。

ちなみに、S席は各コートエンドラインの真後ろにあるので選手と同じ視点で試合観戦ができます。サーブが入るとどんどんボールが飛んでくるので、ボールを受け止める役のスタッフが常駐していました。

8,000円の席に至っては選手のベンチのまうしろになっているので、最初はスタッフ席かなと思いました。タイムアウト中のミーティング内容なども聞こえるレベルです笑 この距離感は屋内競技ならではかと。


堺 ゴッツ選手
IMG_20161203_125344.jpg



サントリー 柳田選手
1481414838317.jpg



パナソニックのミーティング風景
1481414726423.jpg

興奮ポイント③ サイン入りグッズの投げ入れ量が凄い

試合開始前のサイン入りグッズ投げ入れ量が圧倒的でした。スタメン選手全員がサイン入りのミニバレーボールを投げ入れるファンサービスがあるのですが、1チーム約8個で2試合行われるので、30個程のサイン入りボールが会場のファンに届けられます!
ボール配布時には黄色い歓声が沸き起こり、会場のボルテージがマックスでした!笑

観戦エリアは、主審側(テレビに映る方)と副審側に分かれており、各チームのサポーターも主審側に固まっています。つまりサイン入りグッズをゲットしたい場合は、主審側に陣取る必要があるということです。
主審側は、グッズに加え、応援に参加できるというメリットがある一方で、選手との距離が遠いというデメリットがあります。
個人的には、以下のような写真が取れてしまう”副審側の1階席”がもし観戦するならばおススメです。

興奮ポイント④ 得点時の会場の一体感が凄い

得点が入る度に会場が盛り上がるので、グイグイと引き込まれていきます!
男子競技ではありますがお客さんの男女比率は、1 : 9程度で女性の方が圧倒的に多くやや肩身が狭かったです。

特に1試合目パナソニックVS堺はフルセットにまでもつれ込む熱戦で、2試合目を待たずして既に満足でした。盛り上がるのは、長いラリーが続いた時と、人気(イケメン?)選手が得点を決めた時です。

特に、サントリーの柳田選手のプレイ時は黄色い歓声がひときわ際立っており、僕がチームメイトだったら確実に嫉妬するだろなと思いましたww

スポーツ観戦の楽しさを実感

今年は、氷室のライブとNONSTYLEの漫才くらいしかイベントに参加していなかったのですが、やっぱりスポーツ観戦って面白いですね。

野球やサッカーももちろん面白いですが、選手を間近で見られるバレーやバスケはそれらとは違った楽しさがあると思います。
是非足を運んでみて下さい~!

Android版ストア配信中!

トクチエAndroid版ストア配信中!

smartmockups0

スポンサーリンク
プッシュ通知を受け取る
プッシュ通知を受け取る

シェアする

フォローする

スポンサーリンク